ようこそ ゲスト さん
 

タイトル: ルディ・ガスナーとBMGインターナショナルの経営執行委員会(A)
 
コンテンツID: CCJB-HBS-12010-02
登録日: 2018/11/30
オリジナルのプロダクトID: 9-412-J05
オリジナルの刊行日: 1993/11   改訂日:2018/09
著者名: Linda A. Hill/Katherine S. Weber
ケース提供機関: Harvard Business Publishing
種類: 意思決定ケース/フィールド・リサーチ/実名ケース/実在ケース
言語: 日本語
ページ数: 23ページ
分野: 組織行動・人的資源管理
業種: 情報通信
   
キーワード: 組織行動/アート・エンターテインメント・スポーツ/事業計画/変革管理/複合企業/異文化関係/意思決定/経営執行委員会/成長戦略/国際経営/労働管理チーム/リーダーシップ
   
文献サマリー: BMGインターナショナルのCEO、ルディ・ガスナーと9人の経営執行委員会の役割を検討するケースである。BMGインターナショナルは、世界で2番目に大きなドイツの巨大メディア複合企業ベルテルスマンの国際音楽関連子会社であった。ガスナーと経営執行委員会が、製造価格の値下げ交渉の結果、マネージャーの事業計画とボーナスの基準値を変更するか否かについて行った1993年の決定を説明している。このケースは、タイムリーかつ重要ないくつかの問題を議論する機会を提供している。1)大規模なグローバルビジネスの経営と成長の複雑さについて、2)グローバルな組織における集中型の本社管理と分権型の現地管理との間の緊張状態について、3)企業文化とパフォーマンスに対するリーダーシップスタイルの影響について、4)上級経営陣を率いる課題について、そして、5)ルディ・ガスナーCEOによる最終決定と、その後の経営執行委員会のメンバーの行動についてである。
   

※ 販売形態・価格等は、ログイン後に表示されます。
ご注文の際は「ログイン」が必要です。



© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)