ようこそ ゲスト さん
 

タイトル: 行動インサイトチーム(A): 行動経済学を政策に活かす
 
コンテンツID: CCJB-HBS-18029-01
登録日: 2019/01/15
オリジナルのプロダクトID: 9-919-J10
オリジナルの刊行日: 2015/03
著者名: Michael Luca/Patrick Rooney
ケース提供機関: Harvard Business Publishing
種類: 意思決定ケース/フィールド・リサーチ/実名ケース/実在ケース
言語: 日本語
ページ数: 4ページ
分野: マーケティング
業種: その他
   
キーワード: マーケティング/行動経済学/交渉/意思決定/経済/徴税/起業家精神/消費者行動/実験/アントレプレナーシップ/納税
   
文献サマリー: 行動インサイトチームを扱った本ケースは、組織上の文脈における選択アーキテクチャと実験的な手法の価値(A/Bテストとも呼ばれる)の概念を紹介している。この演習では、受講生にこうした原理を用いて、経営課題(滞納者の納税率の向上)を解決する機会を与えている。受講生は英国歳入関税庁(HMRC)が滞納者に送る手紙の文面を書き直すことが求められるのである。この演習は英国政府が実施し、成功に導いた行動学のフィールド実験に基づいている。
   

※ 販売形態・価格等は、ログイン後に表示されます。
ご注文の際は「ログイン」が必要です。



© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)