ようこそ ゲスト さん
 

タイトル: シャープ株式会社: 技術戦略
 
コンテンツID: CCJB-HBS-70189-04
登録日: 2009/01/09
オリジナルのプロダクトID: 9-707-J19
オリジナルの刊行日: 1993/02   改訂日:1995/04
著者名: David J. Collis/Tsutomu Noda
ケース提供機関: Harvard Business Publishing
種類: 意思決定ケース/フィールド・リサーチ/実名を使った実在ケース
言語: 日本語
ページ数: 26ページ
分野: 経営・戦略/国際経営/技術・情報管理
業種: 電機・電子
   
キーワード: 戦略/電機産業/企業戦略/多角化/電機/リーダーシップ/技術/組織構造/人材資源/技術戦略/営業戦略/新製品開発
   
文献サマリー: 日本企業であるシャープの企業戦略の進化の様子について学ぶ。シャープは、テレビや家電のメーカーとしては2番手であったが、特殊用途のICやLCDなどの電子デバイスの専門技術を蓄積して、徐々にかつ着実に業績を伸ばし、それらの技術を活用して、革新的な最終製品を開発した。その結果、同社は光電子工学の世界的リーダーと目され、一流の総合エレクトロニクス企業になろうとしていた。
   

※ 販売形態・価格等は、ログイン後に表示されます。
ご注文の際は「ログイン」が必要です。



© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)