ようこそ ゲスト さん
 

タイトル: 宅急便と「バリュー・ネットワーキング」構想: 海外展開に向けたヤマトグループの挑戦
 
コンテンツID: CCJB-IMD-18028-01
登録日: 2019/02/19
オリジナルのプロダクトID: IMD-7-1711-JP
オリジナルの刊行日: 2016/04
著者名: Carlos Cordon/Masataka Ota/Polina Bochukova
ケース提供機関: IMD - International Institute for Management Development
種類: 意思決定ケース/フィールド・リサーチ/実名を使った実在ケース
言語: 日本語
ページ数: 15ページ
分野: 経営・戦略/国際経営
業種: 運輸
   
キーワード: 戦略/経営/通信販売/顧客サービス/バリュー・ネットワーク/日本/国際戦略/物流業界
   
文献サマリー: 日本最大の宅配便事業者であるヤマトホールディングスは、日本の宅配便市場で40%を超えるシェアを有していた。同社は1950年代に海外展開を開始し、日系企業とその海外子会社を中心に物流サービスを提供した。2000年以降、主力の宅配便サービスである宅急便を、台湾、シンガポール、上海、香港、マレーシアで開始したが、2015年の海外収益は総売上高のわずか4%にとどまっていた。同社の戦略目標は、創業100周年を迎える2019年までに海外事業からの収益を総売上高の20%まで成長させることであった。このケースで言及される主要な課題には次のようなものがある。競争の激化と単価値下げのプレッシャーを受け、ヤマト運輸は宅急便の国内での成功をどう維持すべきだろうか。中核の宅急便のサービスモデルを海外へ輸出するのが困難なことは証明されており、ヤマト運輸は従来のC2CおよびB2CセグメントからB2Bに軸足を移し始めた。これは果たして成功への近道なのだろうか。中核の宅急便サービスがノンデリバリー事業を補助していくのか。グループ戦略にとって主要なリスクは何であり、成功するために必要となるのは何であろうか。
   

※このケースが購入できるのは学術・専門会員のみです。
ご注文の際は「ログイン」が必要です。



© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)