ようこそ ゲスト さん
 
※学術会員・専門会員の
方のみ閲覧可能です。

タイトル: サウラー社: 中国での挑戦 (B)
 
コンテンツID: CCJB-IMD-70067-01
登録日: 2008/06/23
オリジナルのプロダクトID: IMD-5-0689-JP
オリジナルの刊行日: 2005/12
著者名: Adrian Ryans
ケース提供機関: IMD - International Institute for Management Development
種類: 意思決定ケース/フィールド・リサーチ/実名ケース/実在ケース
言語: 日本語
ページ数: 3ページ
分野: 経営・戦略/国際経営/マーケティング
業種: 機械・器具
   
キーワード: 低価格戦略/新製品導入/競争戦略/競合の反応/経営計画/ブランド・マネージメント/繊維機械/ドイツ/中国
   
文献サマリー: 2004年11月、サウラー・ツイスティング・システム(STS)は、中国に焦点を当てたフォルクスマンというブランドで新機種のツイスティング機を発売した。この(B)ケースは、中国とインドで導入した新商品の導入戦略と、競合の反応、サウラーの当初の戦略成果を紹介する。2005年6月時点では、STSの初期の戦略がインドとパキスタンでは目的を達成していたが、中国では苦戦していた。STSの社長は今後中国でのフォルクスマン事業を発展させるための追加施策を考えていた。特に中国の主要な競合相手からの反応を考慮していた。
   

※このケースが購入できるのは学術・専門会員のみです。
ご注文の際は「ログイン」が必要です。



© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)