ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:人気ランキング
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

人気ランキング

1テトラパック(A): 得意客との関係をめぐる難題
人気ケース日本語
著者:Kamran Kashani/Janet Shaner
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
14ページ作成: 2002  改訂: 2006/01
4つのケースシリーズに第一ケース。テトラパックは、牛乳販売成績、利益率の低迷に悩むイタリアの重要顧客への新機種導入が失敗に終わった。テトラパックが実施した客先の市場調査分析によって提案した新製品戦略は、全く受け入れられなかった。このケースでは、テトラパックが行った、客先の市場分析とその提案が適切だったか否かという課題を浮き彫りにする。より、大きな問題として、この企業が顧客の利益を本当に考えていたのかどうかを問う。
2マリオット・コーポレーション(B)
人気ケース日本語
著者:Lynn Sharp Paine/Charles A. Nichols
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ作成: 1993/12  改訂: 2002/09
(A)ケースの補助教材です。マリオット・コーポレーション(A)と共に使用する。
3ネットフリックス
人気ケース日本語
著者:Willy Shih/Stephen P. Kaufman/David Spinola
提供機関:Harvard Business Publishing
16ページ作成: 2007/05  改訂: 2009/04
リード・ヘースティングスは、従来の店舗によるレンタルビデオ店よりも、顧客を満足させることができるホーム・ビデオ・サービスを提供するというビジョンのもと、ネットフリックスを設立した。いろいろな挑戦に果敢に応えることを信条とし、いくつかの主要な戦略の転換を実施してきた。そして、最終的に既存のビデオ・レンタル・チェーンにとっては、非常に破壊的な戦略モデルとその運用方法を開発した。大規模な全国ネットと幅広い映画カタログを提供し、視聴者に幅広いジャンルの映画を推薦するシステムを構築したのである。その広範な顧客ベースにより、世間にあまり知られていない独立系の映画の流通チャネルとして、ネットフリックスはその地位を確立してきた。国内最大のレンタルビデオ企業であるブロックバスターは、これに対抗するのにかなり時間を費やしたが、最終的にブロックバスター・オンラインという形で店舗とオンラインの組み合わせを提供した。ブロックバスターは顧客確保のために積極果敢な価格設定を行ったが、それは、競合両社にとって厳しいものとなった。しかし、それにも増して、新しいチャレンジが現れた。ビデオ・オン・デマンドである。ネットフリックスはどのように対応するべきか。
4サーカス産業の発展(A)
人気ケース日本語
著者:W. Chan Kim/Renee Mauborgne/Ben M. Bensaou/Matt Williamson
提供機関:INSEAD
6ページ作成: 2002  改訂: 2009/10
これは、2ケース・シリーズの前半である。(A)ケースでは、サーカス産業の発展からシルク・ド・ソレイユ出現の直前までを説明する。このケースは、サーカス産業の構造について詳細な考察を提供し、この業界の魅力が時間と共にどのように変化し、現在業界が直面している困難はどのようなものかについて、豊富な分析を可能にしている。このケースは、業界が収益と成長のポテンシャルが限られたレッドオーシャンになっていたことを明らかする。「サーカス産業の発展(A)」は、2009年ecchヨーロピアン・ケース・アワードでoverall winner、2006年ecchヨーロピアン・ケースアワードの経営・戦略カテゴリーで受賞した。
5再春館製薬所
人気ケース日本語
「大きな個人商店」を目指す
著者:木村達也
提供機関:-
19ページ作成: 2008/11  改訂: 
熊本県にある再春館製薬所の本社、その1300坪のフロアでは毎朝太鼓の音を合図に部門長が招集され、朝礼が始まる。平均年齢29歳、その8割を女性が占める同社では、できる限り社員同士が直接顔を合わせてお互いに情報を共有する。テレマーケティングという、顧客の顔の見えないビジネスだからこそ、高度な情報システムやデータベースを最大限に活用しつつ、人の温もりを感じさせるアナログ的なコミュニケーションが社外、社内ともに不可欠と信じている。顧客満足を追求し続けることこそが何よりも優先されるべきことと経営者が語る再春館製薬所のユニークなビジネスとは――。
6道化師にだってできる: シルク・ドゥ・ソレイユが ライブ・エンターテインメントを再生 ケース(B)
人気ケース日本語
著者:W. Chan Kim/Renee Mauborgne/Ben M. Bensaou/Matt Williamson
提供機関:INSEAD
9ページ作成: 2002  改訂: 2013/11
これは、2ケース・シリーズの後半である。シルク・ド・ソレイユは産業構造としてはあまり魅力のないサーカス事業への参入に大きな成功を果たした。業界を改革し、どのように競争するかという点について、従来からの前提にとらわれず、新しい市場空間を創りだしたのである。その価値は購買グループを子供(従来のサーカスにおけるエンドユーザー)から大人(従来のサーカスにおける購入者)へと転換させたことだった。これは、劇場や、ブロードウェイのショーやオペラなどのように、より成熟し、出費をいとわない顧客に対して新たな価値を提供する方法を提起するケースである。本ケース「道化師にだってできる: シルク・ドゥ・ソレイユが ライブ・エンターテインメントを再生 ケース(B)」は、2008年のecchケースアワードの経営・戦略カテゴリーで受賞した。
7Language and Globalization: Englishnization at Rakuten (A)
人気ケース英語
著者:Neeley, Tsedal
提供機関:Harvard Business Publishing
15ページ作成: 2011/08  改訂: 2013/04
Hiroshi Mikitani, the CEO of Rakuten, (Japan's largest online retailer), is at the helm of an organization that is rapidly expanding into global markets. In a critical stride toward becoming the world's No. 1 Internet services company, Mikitani announces Englishnization - a highly publicized aggressive two-year English proficiency mandate for all 7,100 of Rakuten's Japanese employees. Mikitani's goal is not only to ensure the success of the organization, but also to break down linguistic and cultural boundaries in Japanese society. At the time, only an estimated 10% of the Japanese staff could function in English. The stakes are high: those who do not reach their target score by the deadline risk being demoted. As Englishnization progresses, loss of productivity, lack of time to study, and conflicted views among managers impede staff success. Some employees even question the relevance of Englishnization, particularly for staff working exclusively in Japan. Fifteen months since the announcement, the vast majority had not yet reached their target English proficiency scores. With the deadline rapidly approaching, Mikitani must decide how to proceed to ensure the success of Englishnization, the continued global rise of his organization, and even the future of Japan.
8チャレンジャー打ち上げ決定のグループプロセス(C)
人気ケース日本語
著者:Amy C. Edmondson/Laura R. Feldman
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ作成: 2002/10  改訂: 2003/12
チャレンジャー打ち上げ決定のグループプロセス(A)ケースの補助教材です。
9チャレンジャー打ち上げ決定のグループプロセス(D)
人気ケース日本語
著者:Amy C. Edmondson/Laura R. Feldman
提供機関:Harvard Business Publishing
4ページ作成: 2002/10  改訂: 2003/12
チャレンジャー打ち上げ決定のグループプロセス(A)ケースの補助教材です。
10コーチK: ハートの問題
人気ケース日本語
著者:Scott A. Snook/Leslie A. Perlow/Brian J. Delacey
提供機関:Harvard Business Publishing
13ページ作成: 2005/08  改訂: 2005/12
大学バスケットボールの監督として成功を収めてきたマイク・シャシェフスキーは、プロ・バスケットボール・チームの監督という実入りのよいオファーを受けるか、デューク大学での監督職を続けるかの決断に直面していた。彼の監督としてのキャリアを通して、権力、影響力、そして説得力の様々なスタイルについて議論する場を提供する。
11コーチ・ナイト: 勝利への熱意
人気ケース日本語
著者:Scott A. Snook/Leslie A. Perlow/Brian J. Delacey
提供機関:Harvard Business Publishing
15ページ作成: 2005/08  改訂: 2005/12
大学バスケットボールの監督として成功を収めたボブ・ナイトであったが、インディアナ大学で長年務めてきたバスケットボール監督の職を解任された。その後、テキサス工科大学から同様の職で雇われることになる。彼の長いキャリアを通して起こった出来事を考えることで、監督そして教育者としてのリーダーシップの役割はどういったものなのか、権力、影響力、説得力の様々なスタイルについて議論する場を提供する。
12Differences at Work: Jason (A)
人気ケース英語
著者:Sucher, Sandra J./Gordon, Rachel
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ作成: 2007/11  改訂: 
In Differences at Work: Jason (A) HBS Case No. 9-408-016 Jason is a member of his firm's recruiting team, which has a mandate to create a more diverse workforce. When the group decides to interview a candidate based on the candidate's race, Jason wonders whether they made the right decision and how, in general, diversity goals should be achieved.
13Differences at Work: Jason (B)
人気ケース英語
著者:Sucher, Sandra J./Gordon, Rachel
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ作成: 2007/11  改訂: 
In Differences at Work: Jason (B) HBS Case No. 9-408-049 Jason decides that his firm should have a more articulated position that everyone in the firm understands about why diversity benefits the firm instead of pursing diversity because it feels like the "right" thing to do.
14Differences at Work: Sam (A)
人気ケース英語
著者:Sucher, Sandra J./Gordon, Rachel
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ作成: 2007/11  改訂: 
In Differences at Work: Sam (A) HBS Case No. 9-408-021 Sam is one of the few minorities working at his company at the analyst level. He refuses a request from Human Resources to fill the "Asian spot" in his firm's diversity video.
15Differences at Work: Sam (B)
人気ケース英語
著者:Sucher, Sandra J./Gordon, Rachel
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ作成: 2007/11  改訂: 
In Differences at Work: Sam (B) HBS Case No. 9-408-054 Sam receives an informal apology from Human Resources which leaves Sam feeling unsatisfied as it is not an official company response. Sam leaves the company for unrelated reasons shortly thereafter but still continues to think about the incident.
16グレート・イースタン・トイズ (B)
人気ケース日本語
著者:Gabriel Hawawini/Lee Remmers
提供機関:INSEAD
3ページ作成: 2000/12  改訂: 
グレート・イースタン・トイズでは、成長戦略の一環として新製品の設計が行われており、それを生産した場合の市場潜在力や必要とされる投資金額を見積もる調査を、コンサルティング会社が行っていた。この分析は、機会費用やサンクコストおよび共通費用の評価、既存製品の売り上げを新製品が侵食する影響度(設備投資を行う際に発生する典型的な問題)などの課題が発生しうるプロジェクトの評価をするため、関連したキャッシュフローを必要とする。この投資プロジェクトは、数年に及ぶことから、DCF分析は必須である。この討議には、1セッションが必要である。
17ザイアメター: 「破壊的イノベーション」の過去と未来
人気ケース日本語
著者:Kamran Kashani/Inna Francis
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
20ページ作成: 2006/11  改訂: 
本ケースは、さまざまな用途に使用されるコモディティ・シリコーンの販売のためにダウコーニングで立案した成功戦略を取り上げている。本ケースではB2B(企業間電子商取引)マーケティングにおける重要な問題を扱っている。すなわち、ユーザーのニーズに焦点を合わせ、取引先企業の「ニーズに基づく」セグメンテーションを行うこと、テクニカルサービスのセット販売とサービスの切り離し、コモディティケミカルのブランド設定、ウェブベースの低価格/余分なサービスなしの価値ある提案、コモディティで収益を上げること、などである。またこのケースでは、ダウコーニングの歴史と戦略における「転換点」、すなわちシリコーン・ビジネスにおけるリーダーシップが危機にさらされ、マネジメントがコモディティ化した市場で競争するための全く新しい方法――彼らの言う「破壊的イノベーション」――を計画しなければならなくなった状況について説明している。ケースの最後で、学生はザイアメター(同社のウェブ・ベースのブランド)の成功を考察し、その将来を決めるよう求められる。その選択肢は:現状を維持する;戦略を徐々に微調整する;抜本的見直しを行う、である。「ザイアメター」のケースは次のような目的に使用できる。(1)顧客の洞察をビジネス戦略とマーケティング戦略の見直しに結びつける方法を例示する、(2)生産財マーケティングにおける市場細分化、価値ある提案及びブランド設定の問題に取り組む、(3)異なるブランドの下でふたつの対照的な価値ある提案を取引先企業にどのように提供できるかを例示する、(4)B2Bマーケットにおけるバリュー・イノベーションについて議論する、(5)成功するインターネット・ビジネスモデルの要素を検討し分析する、(6)逆境が企業にとってチャレンジとなり、企業が将来の成功のためにビジネス戦略とマーケティング戦略の見直しを行うようになる事態を学ぶ。
18Language and Globalization: Englishnization at Rakuten: Results Are In! (B)
人気ケース英語
著者:Neeley, Tsedal
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ作成: 2013/03  改訂: 2013/04
Supplement for case
19テトラパック(B): 「聞いてほしい、知ってほしい、成長させてほしい」 顧客満足イニシアチブ
人気ケース日本語
著者:Kamran Kashani/Janet Shaner
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
9ページ作成: 2002  改訂: 2006/01
ケースシリーズの(B)ケースでは、顧客に受け入れらたテトラパックのふたつ目の提案を記述している。同時に、世界中で同社の顧客に対して実施された顧客満足度調査の結果は、イタリア含め、主要な顧客が同社に対して必ずしも満足していないことが歴然としていた。ケースはこの顧客満足度調査の結果を詳しく記述しており、それをベースに学習者に調査の重要性と、その結果を踏まえて今後とるべき対応策を考えさせる。
20テトラパック(C): 新イニシアチブの実行
人気ケース日本語
著者:Kashani, Kamran/Shaner, Janet
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
5ページ作成: 2002  改訂: 2006/01
ケースシリーズの(C)は、テトラパックが顧客満足度調査を世界中へ広げて実施する決断をしたことを記述している。顧客満足を追求するため、組織ぐるみで、顧客重視へと転換する施策の数々を示す。それらの主なものは、顧客奪還プログラム、重要アカウント管理、従業員満足度調査、バランス・スコア・カードなどがある。さて、これらの様々な施策は顧客満足の課題を本当に解決することが出来るのであろうか?


© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)